頭のフケが気になる方、必読!!フケの出る原因とその対処法とは?


毎日シャンプーして清潔にしてるのに〜、

なんでフケが出るのよ〜〜〜。

フケ取り用シャンプー使ってるのに〜、

フケが治らない〜〜〜。

無意識に頭をポリポリ掻いてしまっていて、

気がついたら肩の上に白いフケが・・・

なんていう経験のある方も多いかと思います。

私もアトピー持ちですから、

悩んでいる時期もありました・・・。

フケはどうしても周りに不潔な印象を与えてしまいますね。

どうにかして改善したい!!

フケが出ないように予防したい!!

と悩んでおられる方、

あなたのフケの出る原因を知って、

あなたにふさわしい対処法を選び、

この忌まわしいフケの悩みを解消しましょう。

フケの出る原因とその種類

ところで、

フケってなに???

フケ自体は誰にでも出ているものなんです。

えっ、私にフケなんて!!と思われる方でも

目に見えないほど細かいフケが出ているんですよ。

フケって何?

フケは、本質的には死んてしまった細胞の破片で、

それが頭皮に広がっているものなんです。

これらの細胞は頭皮の表皮層の下層部分に由来するもので、

古い細胞が新しい細胞によって表皮層の外側に押し出されます。

新旧の細胞交換としての生理作用ですので、

それ自体は深刻な問題ではありません。

目に見えるか見えないかくらいの粒子上の場合は

正常な状態と言えます。

ですが、量的にも増え、目立つようになってくると、

頭皮に何らかの異常があると考えられ、

フケ症ということになるのです。

フケにも種類がある?

フケには大きく分けて、

乾性フケ脂性フケ

二つのタイプがあります。

 乾性フケ

頭皮の潤いが不足して乾燥し、細かく白っぽいフケです。

頭皮に特別な刺激を感じることなく、剥がれ落ちることが多いです。

乾燥したフケは冬の間に増加することが多いですが、

ストレスなどの要因で増加することもあります。

過度ではありませんが、痒みを伴なうこともあり、

掻いてフケの落ちる量が増えて、

見た目に不潔な印象を与えてしまいます。。。

このフケのタイプでは、抜け毛の心配はありません

 脂性フケ

頭皮が脂っぽく、頭皮から厚くて黄色っぽいうろこ状のフケができます。

しばしば頭髪も脂っぽくなるのが特徴です。

脂性フケの場合は、頭皮に強い痒みがあり、

脂漏性皮膚炎にかかっている場合や

抜け毛の心配がありますので注意が必要です。

フケの出る様々な原因

それでは、原因を詳しく見ていきましょう。

⒈ 寄生菌の増殖が原因のフケ

マラセチア菌をご存知ですか?

 

マラセチア菌は、ヒトや動物の皮膚に住む寄生菌で、

菌自体は誰でも持っているものなので問題はありません

 

ですが、この菌がフケを栄養として増殖してしまうと、

頭皮の状態が悪くなり、フケの増加に繋がってしまうのです。

⒉ 間違った頭皮の衛生法が原因のフケ

洗髪の頻度が不十分なために、

死んでしまった細胞が頭皮に蓄積してしまい、

その結果として頭皮に異常が発生したり、

頭皮の状態の悪化を招く可能性はあります。

ですが、洗髪のしすぎや、

シャンプーの選び方にも注意が必要です。

洗髪を頻繁にしすぎることで、

頭皮の表皮層を保護する皮脂成分を貧困化させてしまい、

乾燥を招き、フケが発生します。

また、アルコール成分の多いローションの使用も注意です。

アルコールは髪の成分であるケラチンに作用し、

かなり強い乾燥をもたらします。

頭皮を乾燥させ、角質層が剥がれ落ち

フケの原因となるのです。

アルカリ性物質の含まれたヘアケア製品の使用も注意しましょう。

これらの物質は、角質を溶解する特性を持ち、

すなわち、ケラチン崩壊してしまいます。

洗髪した後のケアとして、

過熱しすぎたドライヤーで髪を乾かすのも注意です。

せっかく洗髪で潤った頭皮の角質層に、

高熱の乾燥した空気を当てると、

ケラチンを傷め、さらなる乾燥を引き起こし、

結果、フケが発生してしまうのです。

⒊ 爪やブラシで頭皮を傷つけしまう原因のフケ

それほど頻繁ではありませんが、

ブラシや櫛、爪などで頭皮を傷つけてしまい、

その傷ついた部分が局所的に炎症を起こし、

フケの原因となることもあります。

時に、その傷口から細菌が入ると、

頭皮を守ろうと皮脂が過分泌し、

脂性フケの発生の原因となることもあります。

⒋ 脂漏性皮膚炎が原因のフケ

脂漏性頭皮皮膚炎は、頭皮上、耳の後ろや耳道内に広がる

小さなウロコ状のフケによって特徴付けられる炎症です。

時には、胸毛や眉毛、脇毛にも広がることがあります

脂っぽいウロコ状のフケは、

過度の皮脂分泌と促進された皮膚細胞の増殖と置換の結果です。

このフケの場合、

フケを取り除くと、皮膚は赤みを帯びて湿っていることが特徴です。

⒌ 健康状態や生活習慣が原因のフケ

ホルモンのバランスが崩れた時

自己免疫力が落ちた時

心臓疾患がある時

ひどいストレス状態の時

こんな場合にもフケは発生しやすくなります。

また、ドライフルーツ、チョコレート、シーフードなどの

アレルギー症状として、フケが発生することもあります。

さらに、脂肪分や糖分、炭水化物を摂取しすぎると、

フケの発生に繋がることもあります。

⒍ 遺伝が原因のフケ

両親のどちらか一人がフケ症で悩んでいる場合、

遺伝的な素因も考えられます。

フケの対処法と予防

フケが見つかると、

ほとんどの方が、フケ取りシャンプーの使用を思いつかれるでしょう。

「フケ取りシャンプー」と書かれていても、

成分をしっかりとチェックしてくださいね。

アルコール成分のあるものや、

頭皮に強い刺激を与えてしまう化学物質を含む製品は

極力避けるようにしてください

シャンプー選びを間違ってしまうと、

フケを取るどころか状態がさらに悪化してしまう・・・

なんてことにもなりかねません。

全く間違った選択ではありませんが、

ロハスな私がご紹介したいのは、

自然の力で頭皮に優しく作用してくれる方法です。

数ある対処法の中から、

手軽にできて効果的な方法を厳選してご紹介しますね。

頭皮に優しい自然の力でフケ対策

⒈ 卵の頭皮パック

  • 卵の黄身3個
  • 水 20ml
  • りんご酢

卵の黄身と水をよくかき混ぜ、頭皮にまんべんなく塗り、

2〜3分、優しくマッサージしてください。

頭にタオルを巻いて、15分間おきます。

その後2回のすすぎをしますが、1回目はぬるま湯で、

2回目はぬるま湯にりんご酢を混ぜてすすぎます。

りんご酢は頭皮の血行を良くし、優しく洗浄してくれます。

 亜麻仁油マッサージ

数滴の亜麻仁油を頭皮につけて、5分間ほど優しくマッサージします。

マッサージする時は爪で頭皮を傷つけないように気をつけてくださいね。

マッサージした後は、普通にシャンプーで洗浄してください。

⒊ 重曹シャンプー

  • 重曹 大さじ 2
  • 水道水 適量

先に重曹と水をクリーム状に混ぜ合わせておきます。

ぬるま湯で頭皮が湿らせ、重曹を頭皮に塗って2〜3分優しくマッサージします。

その後、ぬるま湯で洗い流します。(シャンプーは使わないでくださいね。)

1週間に2回を2週間繰り返します。

⒋ レモンローション

  • レモン汁 大さじ 2
  • りんご酢 小さじ 4

分量のレモン汁とりんご酢を混ぜ合わせます。

コットンに染み込ませ、頭皮に染み込ませます。

数分間放置し、ぬるま湯ですすいでください。

⒌ ニーム油マッサージ

  • ニーム油 30ml
  • ココナツオイル 70ml
  • ティートゥリーオイル 10滴

この3種のオイルを湯せんでぬるめに温め、

頭皮に塗って優しくマッサージします。

30分放置し、シャンプーで洗浄してください。

もう一つのもっと手軽で簡単な方法は、

ニーム油をいつもお使いのシャンプーのボトルに直接入れて、

普段どおりにシャンプーします。

ちなみに、私が実際に使ってるのはこのニーム油で、

これで解消することができました。

シャンプーの選び方

ご紹介した対処法の中には、

最後にシャンプーで洗浄しなければいけないものもありますが、

どんなシャンプーを使うかにも注意が必要です。

フケ取り用シャンプーとして売られている製品は様々です。

記事の中でもお伝えしたように、

頭皮に強い刺激を与えてしまうアルコール成分が多く含まれたものや、

アルカリ性物質の含まれたものは避けるようにしましょう

オススメはやはり植物由来の製品や、オーガニックの製品など、

頭皮を優しく洗浄してくれるものです。

良質であなたの髪質に合った製品を使用してくださいね。

フケが出なくなったら、次は予防!

頭皮の状態が正常な状態に戻り、

フケが目立たなくなってきたら次は予防です。

どんな原因でフケが出るようになったのかを見極めて、

フケが出ないように、フケが酷くならないように、

予防していくことが大切ですね。

まず、整髪用のジェルやムースの使用を控えてみたり、

洗髪の頻度の見直し使用しているシャンプーを変えてみたり。

日常の生活習慣や食習慣も大切です。

ストレスを感じ始めたら少しリラックスすることを心がけるとか、

食生活の見直しをしてみること。

食生活ではやはり、

抗酸化作用成分の多い野菜や果物をたっぷり摂取することは基本ですね。

アレルギー体質の方は、アレルギーを起こしそうな食べ物を控えるとか。

最後にご紹介したいフケ予防のオススメのヘアケアは、

ココナツオイルパックです。

準備するものはココナツオイルを小さじ2杯だけ。

湿らせた髪や頭皮にココナツオイルを塗って、数分間優しくマッサージします。

温めたタオルで頭を巻いて、そのまま最低でも1時間は放置。

その後はシャンプーで洗髪するだけです。

1週間に1度の頻度でこのパックをします。

このパックはフケの対処にも効果的なのですが、

頭皮の健康にとっても有効で、フケを予防してくれるだけでなく、

傷んで艶のなくなってしまった髪を

美しく健康な髪に戻してくれるのです!!

これは私イチオシのヘアトリートメントですので、

ぜひお試しくださいね。

まとめ

フケが出る原因はいろいろありますね。

今回ご紹介したフケの対処法は、私が実際に試してみた方法で、

どれも効果的には有効なはずです。

ですが、まずあなたのフケの出る原因を知ったうえで、

生活習慣なり、食習慣なりを改善しない限りは効果は保証できません。

遺伝的なフケの場合も完治は難しいかもしれませんが、

対処すれば軽減されるはずですので、普段からのケアが重要ですね。

特に、脂漏性皮膚炎が進行しすぎてしまっている場合や、

心臓疾患の疑いのある場合は、

まず、専門の医師の診察を受けられることが適切かと思われます。

フケはフケ取りシャンプーで洗髪すればなくなる・・・

なんていう単純なものではありません。

あなたの毎日の生活を見直し、

適切な洗髪頻度、シャンプー選びなどなど。

その上で、今回ご紹介した簡単に自宅でできる方法を組み合わせて、

フケを撃退し、さらに予防をしていきましょう。

濃い色の洋服もフケを心配することなく着られますからね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする