足のむくみでお悩みですか?足のむくみを体の内側と外側からスッキリ解消!!


足のむくみは、多くの人が持つ悩みでしょう。

私もその多くの一人なのですが。。。

女性ばかりが足のむくみに悩んでいるようなイメージですが、

実際男性の足もむくんでいるんですよ。

男性は幸いなことに、ズボンでむくんだ足を隠すことができますが、

女性の場合、スカートをはいていたりするとそうはいきませんね・・・。

悲しいことに、むくんだ足を人目に晒すことになってしまうわけです。

見た目にもに美しくないむくみですが、

食習慣のみだれや循環障害による脚のむくみは、

痛みやうずきなどの不快感を引き起こしてしまいます。

足のむくみは必ずしも加齢によるに問題ではなく、

若い年齢層のたくさんの人も持つ悩みの一つなのです。

足のむくむ原因にはいろいろありますので、

あなたの足のむくみの原因を知ることも大切です。

原因を知ることで対処もしやすくなりますからね!

今回はたくさんある対処法の中から、

5つの方法を厳選してご紹介していきます。

家庭で簡単にできる応急処置ですが、

効果テキメンですよ!!

足のむくみの原因を究明

足のむくみって何なんでしょう?

足のむくみは、足の皮膚と筋肉の間に

水分や老廃物が蓄積してしまう現象です。

正常な状態では、皮膚と筋肉の間は

水分の割合の低い脂肪組織で形成されているのですが、

この水分の割合が高くなることによって、

脂肪組織が膨れている状態がむくみなのです。

むくみは体の他の部位にも起こりますが、

足には特に顕著に現れてしまうわけです。

それでは、どうして水分が溜まってしまいむくんでしまうのか?

原因を見ていきましょう。

原因 その1 生活習慣の乱れからのむくみ

足のむくみに限らず、私たちが持っている多くの悩みは、

薬を飲んで治すようなものではなく、

日常の生活習慣を変えるだけで解消されることが多いです。

食生活から日常の動作、身につける洋服などが重要なこともあります。

乱れた生活習慣は足のむくみの原因にもなるわけです。

例えば、

⒈ 塩辛い食べ物の過度の消費

塩分の消費過多が体に水分を溜め込んでしまい、

あの憎っくきセルライトの原因になってしまうことを

女性の方の中には知っている方も多いでしょう。

長期的に塩分の高い食生活を続けていると、

足のむくみを引き起こしやすくなってしまいます。

⒉ 太りすぎや肥満

この場合は、一般的に下肢全体にむくみや倦怠感が現れます。

余分な体重が体を支えている足に余計な負荷を与えてしまい、

どうしてもむくみやすくなってしまうのです。

⒊ 長時間の同じ姿勢と運動不足

仕事などの理由で、長時間立ちっぱなしだったり、

座りっぱなしだったりする人には共通の悩みですね。

私もPCの前に長時間座っていることが多いので、

午後になると足がむくんでしまうことが多いです・・・。

普段あまり体を動かさない人もむくみやすい体になってしまいます。

長時間同じ姿勢でいることは、

水分の蓄積を促してしまうことになるわけですね。

⒋ 間違った衣服選び

その時着ている服も足のむくみの原因になることがあります。

サイズの合わないきつい靴を履いている時や、

ヒールが低すぎたり高すぎたりする靴を履いている時、

きつすぎるストッキングやズボンの着用なども

足をむくませてしまう原因となることもあります。

原因 その2 病気の症状としてのむくみ

先の原因と違って大きく異なるのが、

病気の症状として現れるむくみです。

以下の病気の疑いのある方はすぐに専門医の受診をおすすめします。

⒈ 心臓疾患

いくつかの心臓病の中には、その症状の中で足のむくみが含まれます。

最も典型的な例は心不全で、

心筋が損傷し過度にストレスを受けたときに起こる大きな障害です。

これは、動脈または静脈循環に様々な変化をもたらす状態で、

むくんだ足首は、心不全の最も一般的な徴候の1つです。

⒉ 肝障害

肝硬変をはじめいくつかの肝臓障害では、

アルブミンの分泌を停止するという肝臓の機能不良を引き起こします。

アルブミンは、その主な機能のうち体内の液体の分布を調節しますが、

分泌されなくなることによって、

体内の液体は下肢に蓄積するようになってしまいます。

⒊ 腎疾患

腎臓の機能が悪いと体内に体液が蓄積し、体の多くの部分にむくみが起こります。

特に、顔、足、足首に顕著に現れます。

⒋ 外傷または血腫

多くの場合、外傷は浮腫、すなわち身体の隙間に液体が蓄積する原因となることがあります。

足に外傷を負ってしまった時、多くの場合、むくみとなって現れるのは普通です。

⒌ リンパ浮腫

これは、皮下組織にリンパ液が異常に蓄積してしまうのが特徴で、

深刻な病的状態で、主に四肢にむくみが現れることが多いです。

リンパ浮腫は、明らかな原因がない場合や、

炎症、感染症または腫瘍の病状として現れる場合もあります。

長期的には、不快感や痛み、さらに可動性の喪失を引き起こし得る状態です。

病気の進行状態によって、手足のむくみは軽度から中程度ですが、

重症の場合には象皮病を発症する可能性もあります。

⒍ 慢性腎不全

腎臓の機能が低下して起こる病的状態で、

水分や老廃物が体内に溜まりむくみを引き起こします。

むくみの他に、長期的には高血圧や様々な体調不良が起こり、

特に高齢者の女性により頻繁にみられる状態です。

原因 その3 薬の服用が引き起こすむくみ

例えば、アルファブロッカーという、

高血圧症や尿路結石、前立腺肥大による排尿障害などの治療に用いられる薬

カルシウム拮抗薬コルチコステロイドなど活性成分を含む薬の副作用として

足にむくみが現れることがあります。

同じく、ホルモンをベースにした薬剤

例えば、甲状腺関連の病気や避妊薬の服用でも起こります。

実際、これらの薬剤は液体の再吸収を妨害する物質であるため、

ある程度の水分保持を引き起こし、むくみが現れます。

簡単にできる足のむくみ解消法5選

ここでは自宅で簡単にできる足のむくみ解消法をご紹介していきます。

⒈ 冷水フットバス

足のむくみの解消に効果的なのは冷水のフットバスです。

冷水がむくみのある部分の血液循環を刺激し活性化してくれます。

<用意するもの>

  • バケツ(膝まで浸かる大きさのもの)
  • 冷水
  • 重曹
  • アロマオイル(ラベンダー、ミント、ローズマリー、タイム)

バケツの中に冷水、重曹、アロマオイルを入れて、よく混ぜ合わせます。

気持ちがよくなるくらいの時間、15〜30分足を浸します。

アロマオイルの代わりに、フレッシュなハーブか乾燥ハーブを入れてもOKです。

入浴時に、むくんだ部分に冷水シャワーをあてるのも効果的です。

⒉ アロマオイルマッサージ

マッサージマは足や足首のむくみ解消にとても効果があります。

サロンでの特別なテクニックのリンパマッサージをしてもらうのもいいですが、

日常的な簡単なマッサージはテレビを見ながら、

好きな音楽を聞きながらと自宅で簡単にできるのでオススメです。

入浴後にすることでさらに効果がアップしますよ。

<用意するもの>

  • アーモンドオイル ・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • アロマオイル(レモンまたはローズマリー)・・・2滴

オイルを混ぜ合わせ手に取り、足首から膝下にかけて塗ります。

足首から膝に向かって、手の腹で時計回りで円を書くように

グルグルとエネルギッシュにマッサージしてください。

マッサージではないですが、

仰向けになった状態で足の下にクッションなどを置いて

就寝前に数分間、足を少し上げた状態にするのも効果があります。

⒊ ハーブティー

足のむくみに効果のあるハーブが調合されたハーブティーを飲む方法もあります。

水分の蓄積が原因のむくみにはタイム

血行の悪化によるむくみにはミントブルーベリーフェンネルが効果的です。

ハーブティーを飲みながらフットバスでリラックスするのもいいですね。

⒋ 緑茶パック

足や足首に直接パックをするの方法も足のむくみの軽減に効果があります。

沸騰したお湯に緑茶の葉を入れ、一晩放置するか、朝から晩まで放置してしっかり緑茶のエキスを出しておきます。

綿のガーゼを濾過した緑茶に浸し軽く絞って足首やふくらはぎに巻きつけす。

足が軽くなり、むくみが引いてくるように感じるまで放置します。

⒌ お酢パック

緑茶パックに加えて、お酢のパックもオススメです。

特に足首のむくみに効果があります。

お酢と水を1対10の割合で薄めた溶液を準備します。

そこに長めの綿ガーゼを浸し、軽く絞ってから、足首に締め付けすぎないように巻きつけて、最低15分放置します。

このパックは夜にするのが適しています。

足がむくみにくくなる体づくり

ご紹介した解消法はいわゆる応急処置です。

生活習慣を見直していくことによって、

足がむくみにくくなる体づくりをしていくことも大切です。

ただし、病気の症状として起こるむくみは

病気を治療して改善していくことが何よりも重要です。

⒈ 食生活の改善

毎日口にする食べ物の選択は、

足の健康にとってとても重要な要素です。

水分を体に蓄えるのを促す塩分の多い食品をひかえましょう。

例えば、インスタント食品缶詰食品のような加工食品

他には、チーズやハムスナック菓子なども塩分が多く含まれています。

加工食品を利用する量を少しずつ減らすようにしたり、

お料理する時の塩加減を徐々に減らしたりして、

ストレスにならないようにしましょうね。

毎日の食生活に取りいれていただきたいのは、

イチゴスグリの実ブルーベリーラズベリーなのどのベリー系のフルーツです。

血液を浄化し、毛細血管の血行をよくしてくれ、

血管の壁を強化してくれる働きをします。

毎日食べるのはちょっと・・・という方は、

これらのフルーツが含むビタミンCポリフェノールレスベラトロールを含む

サプリメントで代用してもいいですね。

ビタミンCフラボノイドを多く含むキウイ柑橘系の果物もオススメです。

特に糖分や脂肪分の採りすぎを避け、常に軽い食事を心がけることも大切です。

食物繊維フラボノイドが豊富に含まれる果物野菜雑穀類乾燥豆は、

血行を良くし、腸の働きを助けてくれるので、毎日積極的に摂り入れるようにしましょう。

⒉ 軽い運動や散歩

仕事などの理由で、大きく体を動かすことなく長時間同じ姿勢で過ごす方、

例えば、長時間座ったままの方や立ったままの方には、

それが理由で1日の終わりに足がむくんだり重く感じる方も多いでしょう。

日常生活に軽い運動を取り入れてみてはいかがでしょう。

ジムなどに通う必要は全くありません。

1日25〜30分程度歩く習慣をつけるのがもっとも効果的です。

とは言っても、そんな時間が取れない・・・。

という方もいらっしゃると思います。

そんな方にオススメなのは、

同じ場所で立ったままかかとを上げ下げしたり、

同じ場所で膝を高く上げるようにして足踏みしたり。

これだけでも大分違ってきますよ。

日常的な軽い運動は、一般的な新陳代謝を促し

しかも、太りすぎや肥満になるのを避けることもできますからね。

⒊ 適切な水分補給

体内に水分が蓄積してむくんでしまうのだから、

水分を多くとってはむくみがひどくなる・・・。

と勘違いされていませんか?

私たちの体は生理作用として、

体内の水分が不足してくると、

体外への排出を減らして必要な水分を体内へ溜め込もうとします。

その結果、かえって水分や老廃物が体の中に溜まり、

むくみが起こりやすくなってしまうのです。

特に日常的に水分補給をする習慣のない人は、

血液の循環や新陳代謝が鈍ってくるため、

慢性的なむくみを引き起こしてしまう可能性が高くなります。

1日の水分摂取量の目安としては、

30ml × 体重(キロ)

が理想的な量と言われています。

ですが、特に夏の暑い季節や運動をした時

汗としても水分が体外に排出され体が脱水症状になりやすいです。

それがむくみの原因につながります。

そういう時は適宜に摂取量を増やして水分不足を防ぎましょう。

⒋ 足や体を締め付けない

きつすぎる洋服や靴はむくみの原因になることから、

むくみを引き起こさないためには、

サイズの合わないきつすぎる洋服や靴の着用を避ければ

足もむくみにくくなるはずです。

まとめ

足がむくむ原因は本当にたくさんありますね。

むくみの原因が病気からきているかも・・・

と少しでも疑いがある場合はすぐに専門医の診察を受けてくださいね。

今回ご紹介した解消法は自宅で簡単にできるものばかりです。

自分に合ったやりやすい方法を選んで、

むくんでしまった足を癒してあげましょう。

水分や老廃物の蓄積によるむくみの場合は、

少しずつ生活習慣の乱れを改善していけば、

むくみが解消されたり、むくみにくくなる体づくりが可能です。

でも、あまり神経質にならなってストレスになってしまわないよう、

出来ることから始めてみましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする